自分で上抜きエンジンオイル交換に挑戦!
オイル交換関連商品

オイル交換器を使ったエンジンオイル交換方法(上抜き)



オイル交換器(オイルチェンジャー)を使用した「上抜き」でのエンジンオイル交換方法についてご紹介します!

エンジンオイル交換方法は2つあり、オイル交換器(オイルチェンジャー)を使用した「上抜き」と、エンジン下部のオイルパンからオイルを抜く「下抜き」があります。

「上抜き」では専用のオイル交換器(オイルチェンジャー)が必要ですが、ジャッキアップ不要で「下抜き」より手軽で安全です!

車のエンジンオイル交換はガソリンスタンドやオートバックス、イエローハットなどで依頼することができますが、頻繁に車を使う方にはオイル交換器(オイルチェンジャー)がオススメです!



エンジンオイル交換の手順(上抜きVer)①:準備

まず、オイルを排出しやすくするためにオイルを温めます。エンジンを始動させて約5分間暖機運転しましょう。(直前に走行していた場合は、オイルが高温になっているため、作業を絶対に行わないでください。)

暖機運転後は、エンジンを停止してボンネットを開け、オイルレベルゲージを取り出します。取り出したオイルレベルゲージは、オイル交換器のチューブに収納できて便利ですよ。

オイルレベルゲージ収納時



エアーバルブを横方向に閉じ、サクションホースとサクションチューブをつなげます。

(押し込んで接続します)



オイルレベルゲージの穴にオイル抽出チューブを入れ、オイルパンの底に届くように丁寧に挿入します。無理な挿入は破損や折れ、曲がりの原因になるので注意しましょう。

  (差し込み内径を確認し、適したチューブを選択して挿入します)



(オイルパンの底に届くように慎重に挿し込みます)



エンジンオイル交換の手順(上抜きVer)②:ポンピング



チューブを奥まで挿入したら、ポンプのハンドルを約10回ポンピングしましょう。

(ゆっくりホースを確認しながら行ってください)



オイルが吸い上がり始めたらポンピングを止めます。抜き取りが弱まったらポンピングを追加しますが、過度なポンピングは本体圧力上昇や故障の原因になるので注意してください。

それでもオイルが吸い上がらない場合は、ホースをもう少し奥に挿し込んだり回してみてください。

(オイルが吸い上がってきます)



オイルが吸い上がり始めたら、オイルフィラーキャップを外してオイルが抜けやすくします。
吸い上げたオイルはタンクに溜まります。空気を吸う音が聞こえたら、オイルの吸い上げが終わったことを意味します。
ホースを前後に動かしてオイルパン内の残りオイルをなるべく少なくします。深く挿し込まないことがポイントです!
車の規定オイル量が抜けたかどうかを確認しましょう。
ホースはオイルを吸い上げた状態で取り外します。
オイルを吸い上げた状態で先端からパーツクリーナーを流すと、ホースの内部が簡単にきれいになります。ぜひお試しください!

抜いたオイルは、お住いの自治体の指定に従って処分してください。フルサービスのガソリンスタンドやエンジンオイルを購入したお店で引き取りを相談できることもあるので、都合に合わせて確認しましょう。

 (サクションホースを引き抜き、本体を傾けてオイルを排出します)



エンジンオイル交換の手順(上抜きVer)③:新しいオイルを注入する


「下抜き」作業と同じく新しいエンジンオイルを注入します。
使用するオイルの種類や量は車種によって異なるため、メーカーのウェブサイトや取扱説明書で確認してください。

オイルを注入するときは、オイル用じょうごを使用すると便利です。

オイルがオルタネーターに付着すると故障の原因になるので、じょうごやノズルの長いオイラーなどでこぼさないように注意しましょう。オイルをゆっくり注ぎ入れることが大切です。特に寒い冬はオイルが固まりやすくなるので、慎重に作業しましょう。

エンジンオイルの全体量の約半分を注いだら、暖機運転を実施します。オイルがオイルエレメントまで回っていないので、エンジンを一度かけてオイルを循環させ、適量が入っているか確認します。キャップを締めてエンジンを始動し、オイルチェックランプが消えるまでエンジンをかけてください。

 

暖機運転後、オイルレベルゲージを点検します。オイルレベルゲージには二つの目盛りがあり、その間にオイルが入っていることを確認してください。上の印を超えてオイルが入ると、エンジン内の摺動(しゅうどう)部分に抵抗が生じ、燃費が悪くなります。オイルレベルゲージをよく見て、少しずつオイルを追加しましょう。



これでオイル交換の作業は終了です!



エンジンオイル「上抜き」の注意点

オイル交換器(オイルチェンジャー)を使用したオイル交換はジャッキアップせず、「下抜き」のようにオイルの自然落下を待つ必要がありません。古いオイルもボトル内に溜まりますので、汚さず短時間で簡単に作業ができます。また、車体の下に潜る必要が無いのでより安全です。

ただし、車種によってはオイルパン内にバッフルと呼ばれる仕切りがあり、そのような自動車には使用することができません。

車種を確認の上、作業を行いましょう。

エンジンオイル交換の目安



エンジンオイル交換のタイミングは運転状況によって異なりますが、一般的には走行距離3,000km~5,000kmまたは3ヶ月~6ヶ月が目安とされています。

古いエンジンオイルを使い続けると、オイルの粘度が低下し、エンジン保護効果が減少します。これにより、部品間の摩擦が増え、エンジンの故障やオイル漏れのリスクが高まります。

定期的な点検とオイル交換を忘れずに行いましょう。

 

 

↓↓ 今回使用した商品は下記です ↓↓

今回使用した商品

33%OFF
オイル交換器オイル交換器
SIGNET(シグネット) オイル交換器
販売価格16,300円 通常価格24,200円
1件
10%OFF
ロングノズルオイルジョッキ
瑞穂化成工業 ロングノズルオイルジョッキ
販売価格2,475円 通常価格2,750円
0件
10%OFF
Linda(横浜油脂工業)パーツクリーナー EA920TE-3Linda(横浜油脂工業)パーツクリーナー EA920TE-3

はじめてのメンテ

トルク管理とは

トルク管理とは?おすすめのトルクレンチを紹介!

4.工具の世界を学習しよう!運営スタッフ
ソケットレンチ(ソケット)の種類や正しい選び方を学びましょう!

ソケットレンチ(ソケット)の種類や正しい選び方を学びましょう!

4.工具の世界を学習しよう!運営スタッフ
インチ工具、差し込み角について基礎知識を学びましょう!

インチ工具?差し込み角?工具の基礎知識について学びましょう!

4.工具の世界を学習しよう!運営スタッフ
ブレーキパッド&ブレーキフルードの点検

ブレーキパッド&ブレーキフルードの点検

1.ゼロから始める車両点検運営スタッフ
自分でバイクのブレーキパッド交換に挑戦してみよう!

自分でバイクのブレーキパッド交換に挑戦してみよう!

2.自分で挑戦!交換作業運営スタッフ
自分でカーナビの取りつけに挑戦!

自分でカーナビの取りつけに挑戦!

3.やってみよう!取り付け作業運営スタッフ